MOTION SONIC PROJECTと関わる人とすべきことと

SONYのMOTION SONIC PROJECTというものをご存知でしょうか?

とってもかっこいいもので見た瞬間に虜にになりました。

体の動きに合わせて音が鳴るというものでとてもおもしろいです。

motionsonic.sony

 

何をすべきか?

最近は東芝であったり、てるみくらぶであったりといった会社がごたついたりしています。大手に入った人の人生も一瞬で思わぬ方向へと転んでいってしまいます。

一方、上記のようにおもしろいものや取り組みが生み出され、ダンスができる人が活躍できるといった世界になっております。

このように、昔と今で大きく変わる世界において私たちは何をするべきなのでしょうか?

 

表現する人

上記のような新しいものが普及してきて、踊りができる人の活躍がますます期待できますね。彼らは表現する人ですが、いろいろあります。歌手、ダンサー、絵描き、ライター、etcなどなど何かを作る人はみな表現する人になるのではないでしょうか。

ネットが普及する前はこのような人々の活躍の場は、非常に限られた場所であったと思われます。しかしながら、ネットが普及した今ではスマホと体があれば自分の表現を世界中にばら撒くことができるようになりました。そのため、Youtuberといった新たな仕事も生まれ、活躍の場を広げています。

勉強しないで、ギター弾きまくりのバンドマンも昔よりは有名になりやすいのかもしれません。(その分母数も増えている可能性もあり、断言はできませんが。。。)

 

勉強できる人

一方昔は勉強の力は強力だったのではないでしょうか?それはあくまで相対的に強力なスキルだったということですが。

昔(つい最近、なんなら現在も)は、東証一部上場に入り、定年まで働くことが人生のステータスであり、いわゆる勝ち組といわれるような人生でした。その際にそのステージへと参入するための条件が「いい大学を出る=勉強ができる」というものでした。もちろん社内での出世レースを勝ち抜くというようなこともあると思いますが、勉強ができなければそのステージにすら立てなかったのです。

 

ただ、ネットが普及した今勉強ができる人の持つ力は相対的に減りました。勉強ができるということは簡単に言えば記憶力がいい人です。(当然本当に勉強ができる、頭のよい人もいます)

でもわざわざ記憶しなくても調べたら出てくる時代になったのですから、ただ覚えているだけというような人の持つ力などほとんどありません。

 

仕掛ける人

話は冒頭に戻りまして、SONYのMOTION SONIC PROJECT

表現する人がいれば、それらの人を活かして仕掛ける人が出てくるわけです。

それはときとして表現する人自身であり、また勉強ができる人であったりまちまちです。ただ、この仕掛ける人のほうにはその仕掛けを実現するための技術に詳しいような勉強できる人が確実に存在します。思い付きだけではできない部分を補完する勉強できる人の存在は非常に大きな存在です。

 

表現したい?仕掛けたい?

まずは自分がどっちの人間になりたいかと考えてみましょう。どっちかに完全に絞る必要はありませんが、どっち寄りかを考えてみてください。その後表現したいのであれば、体を動かし、仕掛けたいのであれば、知識を増やしながら考えを深めていくのがいいでしょう。仕掛けるためには、勉強が必要になってくるかもしれませんが、あくまで記憶力がある人ではなく、理解を深める勉強をしていくことが大事です。

 

何をすべきかではなく何がしたいかで動いてみよう

冒頭を丸っきり否定してしまうようで、申し訳ないのですが、結局のところ好きなことをやるのが一番ということですね。今の時代ネットがあるため、自分の好きなことをとことんやっていくことこそがその一番のやるべきことだと思います。「好きこそものの上手なれ」という言葉もありますが、その道をとことん追求していくことが自らの道を開くことになると思います。

これは年齢に関わらない話だとおもっておりまして、もう年齢も年齢だから踊ったりできないよなんて思わず、どんどん挑戦していくことが重要かと思います。あなた自身が自分の年齢では・・・と思っていることは、おそらく他の人も思っていることです。その中で挑戦することこそがそもそも個性的であり、差別化であり、楽しく生きていくきっかけになると思われます。

私たちはついついどうしたいかではなく、どうすべきかで判断してしまいますが、~すべきから~したいに変えていくことでおもしろいことが生まれてくると思われます。

広告を非表示にする